TEFCAS(テフカス)とは?

成功のための成長理論です。

トニーブザンという方が開発しています。マインドマップなども考案したジャーナリストです。

TEFCASは、6つのステップがあります。

T Trials

試す、挑戦する

E Events

実行する

F Feedback

経験し指摘を得る、反応を見る

C Check

客観的な視点で分析する

A Adjust

次回の改善策を立て調整する

S Success

成功

TEFCAS(テフカス)の特徴は、まず行動することから始め、それを上記ステップで繰り返し精度を上げ成功へ導いていきます。

自身のキャリアや進路を考えた際、やってみたいと考えた事の内、実行動へ移せたのはどの位ありましたか?

実際の統計によると約8割の成功しなかった要因は

① 行動しなかった

② フィードバックをしていない

この2点によるものだそうです。

という言葉を以前聞いた機会があります。

実際に行動に移す、

そのスピードと始めなければ何も進まないし

成功すら見えません。

そして、始めた後

何が?

上手くいかなかったのか?

どうやったらいいのか?

調整するサイクルがあって始めて成功へ近づいていきます。

野球に例えるなら

最初からホームランを打てるわけではありません。

素振りを始め、

打てなかった場合フォームを修正し飛距離を伸ばしていきます。

その検証サイクルの上で、ホームランが打てるようになっていくのです。

最初から打率100%

しかもホームランだけ

そんな都合の良い状況が産まれるわけではありません。

キャリアにおいても同様です。

自分がやりたい仕事やこの先目指す姿があった際、最初から出来ているわけではないのです。

まず小さく始めて様子を見てみる。

今の時代は副業でも挑戦出来る場が沢山あります。

少しの行動、そして最初上手くいかなかったから止まるのではなく、フィードバックをしっかりと行い調整しながら成功に近づいていく。

最後には手の内に成功が導かれてゆくはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です